ペット保険の気になる補償とは?

補償にはどんな種類があるのか

ペット保険の補償は愛犬や愛猫が怪我で治療を受けたり、病気で入院したときに治療費を補償するためのものです。ペットには健康保険のような国が補償してくれる制度がないので、入院が長引くと治療費が高額になることもあります。そのためにペット保険で補償します。補償にはどんな種類があるかといえば、通院や入院保険などです。手術をすれば手術保険というがあります。
給付される額には限度額が設けられていたり、限度日数が設けられているものがほとんどです。中には無制限の保険もあります。補償限度額はプランにもよりますが、年間最大50万円のものや70万円が多いです。月々の保険料は2000円から3000円程度なので、万が一ペットが入院したときのために入っていた方が得です。

補償を受けるときの注意点

ペットが治療を受けるときにかかる保険は、全額補償してもらえるプランもあれば一部自己負担するものまであるので、加入するときはよく検討しておきましょう。ペット保険で補償対象となっているのは、治療や手術、通院したときのお薬代などですが、ワクチン接種や歯科治療など補償対象外になっているのもあるので、加入する前は注意が必要です。保険に入ることのできる加入年齢は、基本的に生後1ヶ月以上からです。
血統書付きの犬や大型犬になると病院に通う頻度も多くなるので、治療費を全額負担することを考えれば、ペット保険に入っていた方が安心です。獣医師に相談できるサービスもあるので、ペット保険に入っておくと病気にかかる前の予防対策も行えます。