飼い主さんに支持されている補償内容とは?

ペットが損害を起こしたときの損害賠償

良くしつけをしているペットであれば、人に対して吠えたり、別の犬に吠えたりすることはありません。ただそこまでしつけをするのは難しく、散歩の途中で他の犬と吠えあったりすることは良くあります。かなり敵意をむき出しにすることもあります。
ただ吠えるだけならよいですが、勢い余って犬にとびかかる、人にとびかかったりすれば、それで相手をケガさせることもあります。ペットの責任は飼い主の責任になりますから、損害賠償が必要になります。
ペット保険の特約の中で便利なのが、ペット損害賠償特約です。ペットが何らかの損害を発生させたとき、こちらから一定の補償を受けることが出来ます。ペットとは会話はできません。元気なペットであれば特に入っておいた方がいいでしょう。

病院に行くか迷ったときの相談ができる

人の場合、病気の時には何らかの症状が出ます。まずしんどいなどがあり、発熱、咳などが出ることもあり病院に行くタイミングがわかります。簡単なものなら何の病気かも見当がつきます。
ペットの場合、表情でしんどいのかどうかはわかりません。咳をするようになった、食事をあまりとらなくなったなどでようやくおかしいと気が付きます。ただ病院に連れて行くべきかどうかの判断に迷います。
ペット保険の付帯サービスの中に、獣医師への相談サービスが付いていることがあります。いつもと異なる症状の時、電話などをすると獣医師が対応してくれます。様子を見るだけでいいとか、病院に連れて行った方がいいなどがわかります。24時間対応してくれるサービスが特に人気です。