飼い主さんの生の声お伝えします!

尿路結石に対策するための保険選び

猫などの尿路の狭いペットを飼育している方々は、尿路結石対策として使いやすいペット保険を求める事が多いです。
特に喜ばれているのが、すでに小さな結石ができていたり、過去に尿路結石を患った経験があっても入る事ができるペット保険です。
内臓にダメージを与えるほど大きな結石でなければ、結石がある段階でも保険に入らせてもらえる事も珍しくありません。
雌猫と比べても尿路が狭くて、尿路結石のダメージを受けやすい雄猫を飼育している飼い主さんが、特にペット保険を入念に比較しています。
ペットフードの栄養バランスが少し崩れるだけで、尿路結石が作られてしまう可能性がありますから、まだ猫が若いうちから保険に加入して良かったと喜ばれています。

ペットのサイズに合わせた保険選び

近年のペット保険会社は、ペットの身体のサイズに合わせて保険のプランを用意する事が増えてきています。
小型犬や大型犬などの身体のサイズに合わせて、保険のプランを選択させてもらうだけで、保険料が一気に安くなったという点で好評です。
身体の大きな動物は病院での治療費も大きくなってしまったり、入院費用の高さに頭を抱えてしまう飼い主さんも珍しくありません。
しかし大型犬に合わせたペット保険に加入していたおかげで、入院費用などの負担も感じずに済んだりと、考えながらペット保険を選んで良かったと喜ばれています。
犬や猫などの大まかなカテゴリだけで保険を選ぶのではなく、より細かい条件を指定しながら保険のプランを選んでみましょう。